忍者ブログ

ウィステリア城 主の部屋

な、なんだか主というと偉そうに聞こえますが、 ごくごく平凡な人間のごくごく普通の日記…のはず。
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第1回『勝手に☆げぇむランキング』

mixi連動企画!「勝手に☆げぇむランキング」!



 わたくし藤咲紫亜が今まで遊んできた(思い出す限り)全24タイトルのRPGゲームを自由気ままに紹介・評価・ランキング化するコーナーを作ってみました。

 
自己満足です。
悪いですか?(←誰も何も言ってないから)

 
と言っても、もう何年も前に一度遊んだっきり…と言うゲームもあるので、思い出し思い出し、書いていきます(私の記憶力にも限界が/汗)
 これ、こうじゃなかったよ?こういう要素もあったよ?と思われたかたはお気軽にコメントを下さい。

 
遊んできたゲーム一覧
・幻想水滸伝(1・2・3・4・5・外伝1、2・ラプソディア)
・FF(Ⅶ・Ⅹ・Ⅹ-2・ⅩⅡ)
・テイルズ(ファンタジア・デスティニー・エターニア・リバース・デスティニー2・シンフォニア・ジアビス)
・ヴィーナス&ブレイブス
・マナケミア(1・2)
・スターオーシャン(2・3)
・グランディア1
・ヴァルキリープロファイル
 

 無双シリーズや牧場物語やポケモンなどをテイルズやFFなどと比べちゃうのは気が引けるので、それらの評価はまたいつか。

 点数や評価は全てわたくしの独断と偏見で決めています。そのため、クレームはお受けいたしかねますのでご了承ください(注・作品について語り合うのは好きですよ!)。
 勿論ネタバレ有ですので、これから遊ぶという人はちょっとだけご注意ください。

 
・ストーリー
 技あり?感動する?わくわくする?長さは?
 ストーリーの面白度を評価。

・キャラクター
登場キャラ達の魅力。声優さんの演技力もここに入ります。

・システム
 戦闘システム、総合的なゲームシステムについて(快適かどうか)、バグの多さ等。

・グラフィック
街、ダンジョンのリアルさや、雰囲気。
キャラクターの顔グラや立ち絵の綺麗さ。

・中毒度
 何度もやりたくなるゲームかどうか?
 隠しダンジョン等やりこみ要素の評価もここに入ります。
 

☆評価の基準☆

10→言う事なし!完璧!期待以上!
9→素晴らしい!
8→惜しい!
7→全体的にまあまあ評価できる。
6→部分的には評価できるかも。
5→普通
4→及第点
3→結構不満
2→かなり不満。私の時間を返せ。
1→ないわー。
 


*************************************

第1位! 

            ストーリー  キャラ  システム  グラ  中毒度   総合点
Tales of Eternia        9      10       9      9      9      46
 

 トップバッターにして、私が生まれて初めて遊んだRPGゲームにして、総合ランキング堂々第一位!

 「永遠の物語」。「永遠なる物語」?

 このゲームを超えるゲームは、私の中には今のところ存在しません。
 一つ一つの評価ポイントを見て行きましょう。


☆ストーリー☆ 9点
 ワクワクするテンポの良い話の進め方、無理や無駄が無く、何故物語がこう進んでいくのかと言う説得力。
 プレイヤーが考えさせられるストーリーが各所にありメッセージ性が高い事(ベアの卵の話が印象的です)。
等が非常にポイント高かったです。
 それでも評価を「完璧(10点)」にしなかったのは、欲を言えば(部分的でも)マルチエンディングとかできたんじゃないのかな…?と思ったからです。
 ま、ディスク三枚組ですし、ボリュームたっぷりの面白い話だから特に気にならなかったんですけどね。
 
 因みに私、実は中学の頃の第一志望の大学はキールが在籍しているミンツ大学でした。
 いまだに晶霊術を研究したい……。
 
☆キャラクター☆ 10点
 個性的・魅力的キャラが勢ぞろいした味方パーティ。
 主人公のリッドは面白いしかっこいいし、ファラは可愛いし、明るくて行動力があるし、キールは知的でツンデレな感じが良いし、メルディも明るくて素直で面白くて、さらにキールとの関係が気になる子でした(小説版エターニアでは、無事恋人同士になったようです)。
クィッキーも大切なマスコットです。
 主人公パーティ内での会話も楽しいんですが、晶霊達も魅力的でした。
 暑苦しいイフリートに嫌がるセルシウス…と言う叶わぬ恋模様(何)も見逃せません。
 
 声優さんもとにかく豪華です。
 リッドが石田彰さん、ファラが皆口裕子さん、キールが保志総一朗さん、メルディが南央美さん。
いずれも色んなアニメで主役をこなしてきたかたがたです。
 実力は言うまでも無く、声優界の中でもトップレベル。
 
 元々テイルズは有名声優さんを沢山使う傾向がありますが……中でも、エターニア(とアビス)の声優さんの豪華さは他の作品より頭一つ分くらい出ているように思えます(単に私の好みの声優さんが集まっただけと言う可能性も否めません。でもそれを言っちゃあね/汗)。
 
☆システム☆ 9点
・テントシステム(呼び方は違うかもしれないんですが)、良いです。
・晶霊システム、面白かったです(晶霊の組み合わせによって、色んな晶霊術を生み出せるんですよねー)。
 この晶霊システムを大きく評価しました。他のテイルズ作品には無い、エターニアならではの大きな特徴ですよね。
・戦闘システムは、初心者に優しい分かりやすさ。画面は2Dですが、晶霊術や奥義を発動させるとそりゃもう派手な演出で、癖になります。
・海に潜れて空も飛べちゃうっていうのも嬉しかったです。
 
☆グラフィック☆ 9点
いのまたむつみ先生の絵は、いきいきとした雰囲気が魅力。
エターニアは、それが最大限に活かされている気がしました。
説明書の登場人物紹介を見ただけで心躍りましたもん。
あと…システムの所でも戦闘画面が2Dで良い、と書きましたが……最近のテイルズシリーズは街にせよダンジョンにせよ戦闘にせよ3Dですよね。
個人的には2Dの(テイルズならではの)ほのぼのとしていてメルヘンチックな雰囲気が好きです。
立体ではなく絵が動く、というのが味があっていいんですよね。
描かれている人物や物を自由に動かせる絵本、みたいでワクワクします(何より、3Dより2Dの方が人物や動物が可愛く見える)。
 
☆中毒度☆ 9点
 伝説の海賊のお宝探し(海の中にもありましたね…)。
 晶霊探し。
そうそう。ゼクントゥスの所でキール(orメルディ)が呪文付きで「インディグネイション」を発動するんですが……これがめちゃくちゃかっこいいんです。ときめきました。
料理を教えてくれるシェフが色んな物に化けて街に隠れているのも面白かったです。
メルディの話す言語(画面の吹き出しの中の文字)は、頭を斜めに傾けて読めばアルファベットに見える……とか言う話を友人から聞きましたが、頭を左右どちらに傾けても結局私には解読できませんでした(^^;)
  
 
総合的に、非常に完成度の高いゲームだったと思います。
ちなみに私のお気に入りのキャラはキールでした。 

拍手

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
[11/08 風音飛空鳥]
[10/19 藤咲紫亜]
[10/18 メガネコアラ]
[06/14 藤咲紫亜]
[06/13 水城灯陽]
HN:
藤咲紫亜
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]
Template by repe