忍者ブログ

ウィステリア城 主の部屋

な、なんだか主というと偉そうに聞こえますが、 ごくごく平凡な人間のごくごく普通の日記…のはず。
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【発表!】

少し遅れてしまいましたが、資料館で連載中の小説『ノスタルジア』の絵師様が決まりました。
この場を借りて正式発表をさせていただきます。

同じく資料館で連載中の小説『蒼き乙女と紅の姫君』の挿絵師様も、この場で紹介させていただきます(企画が始まったのが、この日記を始める前だったから、正式発表したようなしてなかったような…曖昧な状態なので。/汗)

各絵師様がたのサイトのアドレスも記載させていただきます。
もしご不快でしたら、コメントにでも書いていただければ即行消しますので!(汗)




『ノスタルジア』……水城灯陽様(http://blogs.yahoo.co.jp/megululuna247
水城さんの絵は、鮮やかで繊細な色使いで、まるでノスタルジアがアニメ化されたんじゃないかと思ってしまうほどの完成度です。ノスタルジア以外の絵にも新鮮な雰囲気が出ていて、好印象でした。
絵師様をお迎えしようと決心した後、募集サイトで絵師様を募ろうかとも考えたのですが……決め手となったのは、この作品への理解です。
私にとっては、自分が書いた小説のキャラ達は例外なく子供のような存在なので…娘を嫁がせる親の気分と申しましょうか、娘をメイクさんに預ける親の気分と申しましょうか(←随分違う)。
そんな気持ちから、この作品を好きだと言ってくださるかたに是非お任せしたいと思いました。


『蒼き乙女と紅の姫君』……ゆいか様(http://fezer.sakura.ne.jp/
連載開始からお世話になっております。ゆいかさんの絵は、優しく暖かい色使いで味があります。
お菓子で例えるならば、茶園でお抹茶を頂くときに添えられている和菓子でしょうか。
あの和菓子って、味だけじゃなくて形や色使いまで品や気遣いがあるんですよね。
ほっこりタイムにかかせません。
どうやったら、あんなにほんわかで癒しのオーラ溢れる絵を描けるんでしょうか……もう何かホント、この小説ほんわかオーラ少なくてごめんなさい(よりによって戦争物…;)
それでも、私はゆいかさんの描く白龍の≪翠≫にメロメロです。
おかげさまで、多分彼の出番は初期設定よりも増えてます(作者の贔屓により…/汗)。




お二方とも、素晴らしい絵師様です。
これからも「これはこうして」とか「これはこっちの方が…」とかワガママを言ってしまうと思いますが、どうかお許しくださいませ…そして私の作品達を、今後もよろしくお願いします。

お二人から頂いた絵は、完成次第お城の資料館に展示させていただきます。
随時こちらで報告する予定ですので、ノスタルジア・アオクレ読者様は是非、足をお運びください。

拍手

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
わぁお、なんだか凄いことに・・・;
ふつつか者ですが頑張らせていただきます!!><
わがままどんどん言ってください!
少しで藤咲さんのイメージに近づけるように頑張りますので!

今はまず、エルレアから取り掛かっております!
色々重なっていて進行は少々遅めですが、時間を見つけて確実に進めておりますので、(頑張って速めにします!!が)しばらくお待ちください
水城灯陽 URL 2011/03/29(Tue)22:44:51 編集
>水城さん
忙しい時期に頼んでしまったみたいで、すいません(汗)

体調に気をつけて、進めてくださいね。
私の方は、今年中に全員揃えばいいかなー?くらいの心づもりなので(^^;)
藤咲紫亜 2011/03/30(Wed)23:17:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
[11/08 風音飛空鳥]
[10/19 藤咲紫亜]
[10/18 メガネコアラ]
[06/14 藤咲紫亜]
[06/13 水城灯陽]
HN:
藤咲紫亜
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]
Template by repe