忍者ブログ

ウィステリア城 主の部屋

な、なんだか主というと偉そうに聞こえますが、 ごくごく平凡な人間のごくごく普通の日記…のはず。
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワイルドでセクシー。

最近、ワイルドな男の人に惹かれます。

ちょっと前までは、そういう「くだけた」印象を持つ人は「だらしない」「みっともない」と思っていたのですが、何の心境の変化なんでしょう?


月曜日に、友達とある劇を見に行ったんですよ。
劇というより、ミュージカルですね。

外国人の役者さんによる、ドイツ語のミュージカル(字幕付き)だったんですけど、凄い迫力で。
物語の鍵を握る男の人の声(また声かよ!と思われるかもしれませんが)が、ワイルドでセクシーだったんです。

彼が主役の女の人の名前を囁くように歌った時は、かなりキュンときちゃいました。
勿論、主役の女の人の歌声も演技も、深さがあって説得力があって感動しましたよ。

歌うシーンは、最高の盛り上がりで。
ドイツ語なんて全く知りやしませんが(畑違いと言うか……私の専門はロシア語なので)、それでもその役者さん達の力の凄さは十分分かる舞台でした。

いや、もう……自分の小ささが悲しくなるばかりです。

と、同時に、大学の演劇専門の先生が、「日本にプロの役者は居ない」と言っていたその意味が、何となく分かってしまった気がしました。
あれを見たら、日本の劇は見られませんね……確かに(だって本当に…)。
ドイツの劇でこれなら、演劇大国と呼ばれるロシアの劇は一体どんなスケールなのか……。

あああ、ロシアに劇を見に行きたいかもしれない(汗)
今回のように字幕はついてないけど、戯曲レベルの単語なら何となく分かりそうだし。
迷ってきました(汗)。


それはまぁ、置いておきまして。
ワイルド&セクシーな人。

ちょっと前までは、「素敵」と思っても小綺麗な人だったんです。
ノスタルジアで言えば、スウィングあたりでしょうか。
ワイルドだの色気だのとは無縁に見える人。
線が細い印象で、でも芯は強い(実際ある武道を極めていたりする)。

でも最近は……ワイルドな人も素敵だなぁと。
でもワイルドと乱暴はまた違いますからね。
品のあるワイルドさが良いと思うんです。

それがどうした、という話ですがね(^^;)

拍手

PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[11/08 風音飛空鳥]
[10/19 藤咲紫亜]
[10/18 メガネコアラ]
[06/14 藤咲紫亜]
[06/13 水城灯陽]
HN:
藤咲紫亜
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]
Template by repe